口コミ

スポンサーリンク

エアウィーヴ使用者の口コミ・感想は?

このページでは、エアウィーヴを2012年から4年間使っている私の感想や周囲からの口コミをメリットとデメリットに分けてご紹介いたします。
寝起き

メリット

1.高反発で寝起きの身体が軽くなった

私は、アラフォーOLなのですが、20歳半ばの頃より腰痛・肩こり・首こりが慢性的にありました。エアウィーヴに出会う前までは低反発のマットレスに綿製の敷き布団、枕はポリウレタン綿の高さが低めの物を使用していました。

エアウィーヴ製品の中で初めて購入したのがエアウィーヴライト。

使い始めて数日したころ、今まで毎朝感じていた腰痛が無くなっていました。「あ、そういえば最近朝起きる時の体が軽くなった気がする」という感じでした。特に今までと変わったことはしておらず、エアウィーヴライトを手持ちのマットレスの上に敷いただけ。高反発で寝返りが打ちやすくなりました。「寝具を変えただけで、こんなに身体が楽になるものなのか~!!」と驚きました。

エアウィーヴ ライト 高反発マットレスパッド厚さ3cm

その後、枕もエアウィーヴ ピローS-LINEに変えました。

私はテレビでよく特集お医者さんが勧めている「タオルケットを折って作る枕」も試したことがあるのですが、私には合いませんでした。寝ている間にタオルケットがずれますしね。でも、エアウィーヴ ピローに変えてからは、横向きの姿勢になった時にもしっかり頭を支えてくれるので、朝起きた時に首こりを感じる日がほとんど無くなりました。やっと身体に合う枕に出会えた感じでした。

エアウィーヴ ピロー S-LINE

2.体重分散で腰痛・肩こり・首こりが改善した

気をよくした私はその後、エアウィーヴクッションを購入。仕事はデスクワークで運動は苦手。ストレッチなども三日坊主。いつも昼から夕方にかけて腰痛や首こりが出ていました。今まで痛い時は、腰痛にはコルセットをしたり、湿布を張ったりして対処していました。

子供のころから猫背で親に姿勢のことでよく注意されていたのですが、エアウィーヴクッションを使い出して数か月目に、同僚から「ゆみちゃん(私の名前)って姿勢いいよねー」と言われました!私の猫背人生でそんなことを言われたのは初めてのこと。自分でも気付かない内に体重分散が適切に行われ、姿勢が良くなっていたようです!もちろん、夕方になっても腰痛が出る日はほとんど無くなりました。

エアウィーヴ クッション ピンク

 

主人はエアウィーヴ(シングル)とエアウィーヴピロー S-LINEを使っています。

エアウィーヴを使うまでは、ストレスが多い日の翌朝は必ずといっていいほど「背筋が張る」と言うため、朝、湿布を貼ってあげていました。でも、エアウィーヴを使いだしてからは、体重分散で背中の負担が減りました。おかげで背筋が張ることが無くなり、朝湿布を貼らなくてもよくなりました。

おかげで!?今、我が家には湿布が大量に余っています。

エアウィーヴ シングル 高反発マットレスパッド 厚さ6cm

高さ・硬さ調整可能 エアウィーヴピロー スタンダード

3.季節を問わず快眠できる

エアウィーヴはほとんど空気で出来ていますので通気性に優れています。

カバーがメッシュであればさらに通気性がよく蒸れにくいです。主人はちょっとおデブちゃんで暑がりなのですが、エアウィーヴに変えてからは通気性が良いため蒸れにくいようで、夏場でもクーラー無しで快適に眠れる日が増えました。

それに加えて空気断熱にも優れています。カバーをキルトや羊毛に変えると、保温してくれます。私は冷え性で冬場は毛布を2~3枚使っていたのですが、今では薄めの毛布1枚で済んでいます。

4.布団干し不要で、ダニが発生しない

ダニ
素材が綿やウレタンではないので、ダニの心配がほとんどありません。

普通の布団だと、どれだけ天日で干してもダニが死滅しなかったり、死骸が残っていたり・・・。お恥ずかしながら、私はズボラなので1か月以上布団を干さなかったことがありました。ある日、夜中にダニに刺された痒みで飛び起きたことがありました。それ以来、布団干しなどのケアはまめにしていたのですが、それでもダニアレルギーからくる喘息になりました。

エアウィーヴに変えてからはホコリが少なくなって、咳もあまりでなくなりました。掃除をすると良くわかるのですが、エアウィーヴに変えたことで床に落ちるホコリが確実に減っています。そのため掃除も楽になりました。

また、エアウィーヴは手入れが非常に楽です。

カバーは洗いますが、エアウィーヴ本体を天日干しする必要はありません。せいぜい室内での陰干しで充分です(といっても、うちはそのまま寝室に置いておくだけですが)。敷布団って結構重いですよね。うちは敷布団をやめて手持ちのマットレス(ダニ防止用カバー装着済み)の上にエアウィーヴを重ねて使うようにしています。おかげで重い敷布団を干さずに済むようになって、家事の負担が減りました。

 

デメリット(弱点)

1.重さ

選び方のページにスペック一覧表を載せたのですが、一部の製品は結構な重さがあります。

⇒そうはいっても、普通の敷布団でも同じくらいの重さがありますし、何よりエアウィーヴは干さなくていいので、重さはあまり気にならないというのが私の感想です。

2.専用カバーが高い・種類が少ない

専用カバーも売っているのですが、値段が結構お高い。そして種類がない・・・。夏にはクールタイプが、冬にはウォームタイプのカバーが発売されたりするのですが、今のところ、カラーは各々1種類しかありません。

⇒そのため、私は購入時の専用カバーの上に市販のお気に入りのカバーをかけて使っています。そうすれば本体購入時についている専用カバーも長持ちしますしね!

3.熱に弱い

公式HPによると電気毛布は使えるようですが、本体を洗う際は40度以下にしないといけないので、熱には弱いようです。

実際、冬場に湯たんぽを使ってみたら、なんとなくその部分だけが凹んで元に戻っていないような気がします。

⇒でも、基本的にエアウィーヴ自体が空気層を制御できる構造になっていて、冷え性の私でも冬場は湯たんぽ無しで毛布などを追加するだけで充分です。従って、熱に弱いのはあまり気にしなくてもよいのかも知れません。

4.個人差がある

私の母(65歳。うん十年間腰痛持ち。)にエアウィーヴ(シングル)をプレゼントしたのですが、腰痛はあまり改善しなかったと感想を言っています。当たり前ですが、感じ方には個人差があります。母は枕は別メーカーのものを使用しているので相性の問題もあるのかも知れません。次の母の日がきたらエアウィーブピローをプレゼントしてみようと思っています。でも、主人は背中の張りがなくなったそうで快眠できるようになったとのことで評判は上々です。

⇒百貨店などに入っているエアウィーヴの店舗でお試ししてみるか、ちょっとリッチに導入されているホテルに泊まりに行って一晩エアウィーヴで寝てみるか・・・。コスト的には一番価格が安いエアウィーヴ クッションを購入して試してみるという手もありますね。

5.使い始めの数日は腰痛が悪化する

私も家族も皆、エアウィーヴに変えた直後の数日(3~5日くらい)は翌朝目覚めた時に身体の重さがいつもより増してしまったという感想です。エアウィーヴが身体に馴染むまで少しだけ時間が要るようです。⇒しかし、数日使い続けたら、朝目覚めたときに身体が軽くなりました。エアウィーヴを使い始めた数日は今までため込んだ腰痛の毒素を出すデトックス期間だと思って割り切りましょう。

6.値段が高い(ように思える)

エアウィーヴ(シングル)は7万円(税抜。2015年11月現在)です。エアウィーヴ ライト(シングル)でも3万7千円(税抜。2015年11月現在)です。

⇒口コミでも、初期投資としては結構高いなという感想が多いと思います。しかし、エアウィーヴは耐久性があります。我が家では3年以上使っていますが、へたれてきた感じは全くありません。長年使うことを考えるとコストパフォーマンスとしては悪くないと思います。製品によっては一日当たり2円で使えるという激安価格なのです!

詳しくは、コストパフォーマンスのページをご覧ください。

併せて、類似品との比較のページもご覧ください。

-口コミ