4つの特長

スポンサーリンク

エアウィーヴの特長をまとめてみました。

特長① 高反発で寝返りが楽に

airweave_restitution

人は一晩に約20~30回の寝返りを打つそうです。それは寝返りを打つことで血液やリンパ液の流れを循環させたり、持続的に体の一部に負荷がかかるのを避けるためだと考えられています。寝相が同じままだと、身体の一部に負荷がかかり最悪の場合は床ずれになってしまうこともあります。

また、寝返りを打って骨盤の位置を戻しているという説もあります。大人より子供の寝相が悪いのは、子供の方が柔軟に骨盤を正しい位置に戻そうとしているからです。

つまり寝返りが人の健康に欠かせない要素となっているのです。ちなみに骨盤の位置が正しくなると、内臓が正しい位置に戻るので下腹のポッコリが引っ込みます。

エアウィーヴの中の素材であるairfiberは体重を押し返す力が強い=高反発なので、寝返りする際に身体の動きに合わせて寝返りをサポート。余計な力を入れなくても寝返りがスムーズに打つことができるのです。

寝返りがスムーズにできるということは、不眠の改善にも効果があると言われています。不眠の改善のページもご覧ください。

特長② 体重分散で身体の負担が楽に

人が眠るときの姿勢は頭からお尻までの背骨のS字カーブが姿勢よく立った時と同じようになるのが望ましいとされています。

人が横になるときには頭、肩、腰、脚の4か所で体重を支えています。やわらかいマットレスだとその4か所が沈み込んで正しいS字カーブが保てません。かといって、硬いだけのマットレスだと体重が4か所に集中してしまい、腰痛などの原因になります。

エアウィーヴの中のairfiberは三次元に絡み合って、適度に硬いマットレスです。そのため身体をあらゆる方向から支え、均等に体重を分散してくれるので眠っている時の身体への負担が減るのです。

腰痛については、腰痛の改善のページをご覧ください。

特長③ 通気性の良さと断熱性の良さを兼ね備えている

エアウィーヴの中のairfiberは下記の写真のように太い釣り糸が絡み合ったような構造をしています。

airfiber

そのため、通気性がよく夏場でも蒸れにくいのです。

また、airfiberは空気を多く含む構造ですので、マットレスをキルトや羊毛などのカバーで包めば暖かさを保つことが出来ます。

これにより、季節を問わず、快適な睡眠をサポートしてくれるのです。

特長④ 手入れが楽で清潔

専用のカバーが洗えるのはもちろんの事、マットレスの中のairfiberまで洗えるので清潔です。

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。コップ1杯が180ccで、それが一年で365杯分!

180cc × 365日=65,700cc =>65.7リットル!!

浴槽が約200リットルですので、浴槽の3分の1もの汗をかくのです。

そのままにしておくとカビが生えたり、ダニが発生して喘息やアトピーになることも。普通のウレタンのマットレスやベッドのスプリング上のマットレスだと水洗いができません。しかも立てかけて風通しをよくしたりこまめなケアが必要になりますよね。

基本、エアウィーヴは通気性が良いので風通しを良くしたりするケアが要りません。また、汚れてしまった場合はお風呂場などで水洗いができます。釣り糸のような素材なので、水に対しても強いです。毎日使うものですから清潔が一番ですね!

-エアウィーヴとは